DSC00635-2

平成27年11月25日(水)に、ふれあい会館大ホールで自治会長と自治連役員が「市長と語るまちづくり会議」を開き、東出雲の課題を話し合いました。

machi-kaigi01松江市からは、松浦 正敬市長と関係部長の皆さん、地元の市議さんが臨席され、公民館長、地域協議会と地区社協の正副会長も参加されました。

会議では、住環境と住民サービスの分野で 特に重要な課題(道路網の整備・公共交通網の整備・集中豪雨対策・ごみの不法投棄・雪害対策・河川の浚渫・鳥獣被害防止)を集中的に話し合いました。今後も、さらに協議を重ねます。

それぞれの課題と市からの回答については、こちらのページに載せていますので、ぜひご覧ください。

また、地域の取り組み状況報告として、「上意東地区のまちづくり」についての事例発表もありました。

 

「まちづくり会議」とは…

東出雲の住民が何に困っているか、地域で話し合い、行政と課題を共有し、お互いの取り組みを協議する場です。

今回話し合った課題は、自治連が行ってきた「まちづくりアンケート(H26)」、「地区別まちづくり会議(H27)」で積み上げられた課題の中から、町全体に共通する課題や特に重要な課題をまとめ、昨年10月に行われたまちづくり会議で松江市に対して説明をお願いしていたものです(ただし、産業振興・子育て支援・高齢者介護については、関係団体等との話し合いを行っていないため、今回の課題の中には取り上げていません)。